本日(3月13日)より、新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策-第二弾-を開始します2020/3/13

経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の影響により、全国の中小企業・小規模事業者の資金繰りが逼迫していることを踏まえ、既に実施したセーフティネット保証に加えて、危機関連保証を初めて発動しました。これにより、売上高等が急減する中小企業・小規模事業者は、一般保証及びセーフティネット保証(一般保証と別枠)とはさらに別枠となる保証が可能となります。

また、セーフティネット保証5号の指定業種について、3月6日に緊急的に指定された40業種に続き、同感染症により重大な影響が生じている業種として、3月13日新たに316業種が追加指定されました。

≪掲載内容は令和2年3月13日13:00時点の情報です≫

1 危機関連保証

(1)制度概要

東日本大震災やリーマンショックといった危機時に、全国・全業種を対象として、信用保証協会が通常の保証限度額(2億8,000万円)及びセーフティネット保証の保証限度額(2億8,000万円)とは別枠(2億8,000万円)で借入債務の100%を保証する制度。市町村長による認定書が必要。

(2)認定基準

次のいずれにも該当すること

(イ)金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている

(ロ)経済産業大臣が認める日以降において、原則最近1か月の売上高等が前年同月に比して、15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比し、15%以上減少が見込まれる。

備考:取扱金融機関は、完済までモニタリングを行い、半年に1度保証協会への報告が必要。

(3)ご利用いただける制度

協会制度 危機関連保証

鹿児島市中小企業融資 経営安定化資金(危機関連保証対応)

県融資制度 現在制定に向け調整中

 

2 セーフティネット保証5号の指定業種追加

特に重大な影響が生じている乳製品製造業や理容業など316業種が新たに追加指定されました。

こちらからご確認ください▼(経済産業省のホームページにリンクします)

【3月13日付け】セーフティネット保証5号の追加指定業種(令和2年3月13日~令和2年3月31日)

【3月6日付け】セーフティネット保証5号の追加指定業種(令和2年3月6日~令和2年3月31日)

セーフティネット保証5号の指定業種(令和2年1月1日~令和2年3月31日)

 

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆さまにご利用いただける制度をまとめております。

▼こちらからご確認ください▼

《令和2年3月13日時点》新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策(当協会の支援策まとめ).pdf

 

3 相談窓口

当協会では「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」を下記のとおり設置しており、影響を受ける事業者の皆さまからの資金繰りや経営に関するご相談を受け付けています。

          記

1 開所時間  9:00~17:15(土日、祝日は除く)

  ※休日(土日、祝日)は、電話相談窓口(9:00~17:00)を設置しております

2 設置期間  令和2年1月29日から当分の間

3 窓口担当

(1)保 証 部  有村、西島

   電話  099-223-0271 / FAX  099-222-1093

(2)経営支援部  宮路、修行

   電話  099-223-0274 / FAX  099-222-1093